メイク上手

メイク上手になりたい

「メイクが上手くできたらもっと可愛くなれるのに」、
「私はメイク下手だな〜メイクが上手い人が羨ましい」
と考えたことはないですか?

 

メイクが上手になりたい!
女の子なら誰でも一度は思うことです。
女の子ならキレイ、可愛いにこしたことはありません。
モデルさんや女優さんになる人は
やはり持って産まれた才能や美しい顔立ち、身体があります。
顔立ちは整形しない限り変えることはできません。

 

しかし、メイクをすれば自分を可愛く見せることは誰でも可能なんです。
誰でもはじめからメイクが上手なわけではありません。
はじめはみんなが初心者なんですから当たり前ですよね。
メイクが上手になりたい人はとにかく練習あるのみです。

 

メイクのお手本になるのがファッション雑誌。
最近は、季節ごとのメイク方法やトレンドカラーなどが紹介されているので
とても参考になりますね。
また、メイク用品も記載されているので何を用意すればよいのかわからない方は
とにかく雑誌のオススメメイク用品を購入しておけば確実です。
お肌に合う、合わないは使ってみないとわからないですから合わない場合は
そこだけ変更すればオッケイですね。
また、メイク売り場のカウンセリングコーナーに行けば
美容部員がメイクの上手なやり方を指導してくれましす。
雑誌でみるだけではわからないという方は一度訪れてみるとよいでしょう。

 

実際に自分の顔を使いメイク方法を指導してもらえるので確実にメイクのやり方がわかります。
メイク歴が長い人でも自分ではわからない自分に似合うカラーなどが
わかり新しい発見ができるかもしれませんね。

 

ファンデーション

メイクの主となるファンデーションは、
一度はカウセリングコーナーを利用して色を合わせてみることをオススメします。
肌と首の色が全然違う!なんてことはよくあります。
自分の肌色にきちんとあったものを選びましょう。

 

アイメイク

アイメイクは最初はうまくできるものではありませんが何度も練習をすれば上手くなります。
アイシャドウのグラデーションの作り方は雑誌やアイシャドウのパッケージにも書いてあります。
少しメイクが上達すれば質の良い筆を使うのもオススメ。
質の良い筆はメイクの仕上がりをよりよくします。
安い筆は肌を傷める原因にもなります。
少し高くても良い筆を購入しましょう。
メイクの上達するもしないも自分次第です!
メイクの練習をしてより自分を可愛くみせましょう。

 

 

☆メイクの仕上げにはカラコンです。どうぞご覧ください。
関連サイト:カラコンは日本製